car GTA5

ブラヴァド ガントレット ヘルファイアの性能・レビュー

 

一言:ガントレット多くね?

 

ブラヴァド ガントレット ヘルファイアのカスタム項目

 

相も変わらずシャコタン教の僕ですが、これは車高下がらなくてもアリかも。

またしても、シャコタンできません。下がったらもっとかっこいいのに・・・。

最近多くなってきたエンジン回りのカスタムが豊富です。

さらに、ワイルドスピード7のレティのチャレンジャーの再現も可能。

 

 

 

総評

この車のモデルは完全にダッジ チャレンジャーです。

それも最近のモデルですね。

実は数あるアメ車の中でもチャレンジャーはかなり好きな部類で、

最近のアメ車だと造形や独特の雰囲気含め、一番好きかも。

 

中古車市場的にも相場が程よく、結構街中でも見かけますね。

たしか、新車でも500万いかないくらいだったと思うので、

型落ちなら相場がいいかもしれませんね。

全然GTAに関係のない話になっちゃいましたが、相場知ってるくらい好きってことです。

確かプロ野球選手の楽天・則本昇大選手が乗ってたと思います。

球界のエースにも人気の車。さすがですね。

 

 

 

カスタム事例

 

早速カスタムしてみました。

シャコタンにできないので、SUVのビップという大径ホイールをはかせることで、

「ホイールにあった適切な車高」を演出。

ライトは走りに本気感を出すために片目潰し。できればインテークがよかった。

ホントはロケットバニーS14エアロばりのコテコテ感を出したかったけど、

それっぽいペイントやパーツがなかったので、

今回はラグジュアリーなマッスルカーにしてみました。

 

定かではないのですが、アメリカのギャングが主催してる

カスタムカーのイベントを見てみるとこういうのが流行ってるみたいです。

アメ車に20~30インチの大径ホイールをはかせたカスタムですね。

日本だとJ-LUGっていう雑誌でよく出てきたカスタムです。

アメ車はデカいですから、大径ホイールがよく映えます。

この手のカスタムジャンルのイベントでは

WhipAddictというイベントが有名みたいですね。

まぁ日本じゃみないカスタムですよね~。

これはこれで一種のカスタムカルチャーとして成り立っているようです。

-car, GTA5
-,

Copyright© gta-shakotan.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.