GTA5とかシャコタンとかモータースポーツ

gta-shakotan.com

car GTA5

【GTAオンライン】ドラッグウォーズアップデート追加車両解説&カスタムフォトグラフ

2022-12-14

 

パドンカドーーンク!!

 

2022年冬の大型アップデートが
ついにやってきましたね!

テーマは『ドラッグ

GTAオンラインの世界では
ごく一般的に流通している“クスリ”。

そんなクスリを心の底から愛する
(目が完全にイっちゃってる)ヒッピーたちと
ドラッグをめぐって展開されるコンテンツ
となっております。

ヒッピー集団”トゥループ”の
リーダー・ダックスと
マッスル女子のルチャドラ。

彼らとロンを中心に
ドラッグウォーズの
ストーリーが展開していきます。

モブキャラたちも
”キマっちゃってる”人ばかりで
これまでにない独特の世界観が広がります。

今までの大型アップデートでは
最初にコンテンツをドーンと追加して
あとは新車をポツポツ出す・・・

という感じでしたが、
今回は新車だけでなく、
その他のコンテンツも
後から続々投入していく
ということが発表されていました。

まぁ焦らし期間というか・・・
長く楽しんでもらうための措置だと思われます。

新たな金儲けビジネスとして
ペーパーラボビジネス
というのが追加されました。

 

ただし最初から出来るワケではなくて

・ダックスのコンタクトミッション
 “最初の一服”全6回を完了

・その後ダックスから電話で受けられる
 ペーパーラボ準備ミッションをクリア

上記2つの条件を満たすと
ようやくペーパーラボビジネスを
開始できるようになります。

高額な物件を購入する必要がなくなり、
ブリッケード6×6の購入のみで
開始できるようになりました。

ブリッケードの価格も750,000ドルで
テラーバイトや機動作戦センターに比べれば
かなり安価な方なので
ビジネス開始までの初期投資が
少なくて済むのがポイントですね。

 

ペーパーラボビジネスは
バイカービジネスや銃器密造と
ほぼ一緒のパターンで

調達→製造→配送

を繰り返すことになります。

製造所のアップグレードをすることで
製造スピードが速くなったり
売却価格が高くなる点も
過去のビジネスと類似しています。

 

まぁ単純なお金稼ぎとしては
カヨペリコぶん回しの方が
遙かに効率がいいですネ・・・

(ただしカヨペリコは
敵の感知力が上がっていたり
パンサー像が出なくなったりと、
改悪が進んでいるのが残念・・・)

カヨペリコ強盗も
クールタイムがあるので
そのスキマ時間を縫って
ビジネスを進めると良いかもしれません。

 

 

 

ドラッグウォーズアップデート追加車両一覧

アニス 300R

モデル:日産・フェアレディZ(RZ34型)

7代目フェアレディZは2022年から販売されているクルマ。長い歴史を持つフェアレディZの最新モデルで先代Z34型から8割以上のパーツがリセッションされるほどのフルモデルチェンジを果たした。流線型の丸みのあるフォルムはそのままにS30型やZ32型の造形を部分的に用いたオールドフューチャーなデザインが特徴的。さしずめフェアレディZの集大成というべきところか。

エンジンは先代からダウンサイジング+ターボ化されたVR30DDTT。パワーはさらに強化され400馬力に到達。もはやハイエンドモデル外国車のようなパッケージ。もともとラグジュアリー志向の強いフェアレディZだがさすがに400馬力まで来ると「時代だなぁ・・・」と感じてしまう。SUPER GT 500クラスでも初年度から大活躍を見せ、第2戦でのクラフトスポーツの大クラッシュ→第3戦での逆転優勝はまさに2022年レースシーンのハイライトといってよいだろう。

フェアレディZモデルの車はこれで4台目。190Z→ユーロス(ZR380)→300Rと初代から最新まで顔をそろえる形となった。実車のデザインが旧モデルを踏襲しているように、300Rのフロント190Zに似ている。リアは言うまでも無くZ32に瓜二つ。モデルの意匠コンセプトを最大限表現できているのがGOOD。ハンドリングがかなりスマートでレースでも大活躍しそうなポテンシャル。

 

 

BF サーファー・カスタム

モデル:フォルクスワーゲン・タイプⅡ

タイプⅡはフォルクスワーゲンで長年世界中で販売され続けた大ヒットモデル。トランスポーター、ワーゲンバスと称されることもある。ヨーロッパのみならず、アメリカ、日本でも爆発的な人気を誇り、今でも愛好家が数多く存在するベストセラーである。特にアメリカでは中古車市場でも大人気となり、1970年代のヒッピーたち御用達のクルマとなった。

ヒッピー=ワーゲンバスといっても過言ではない。特定の住居を持たないヒッピーたちは中古で安く手に入れたワーゲンバスに乗りながら広大なアメリカ大地を旅していたんだとか。そのためワーゲンバスをキャンバスにしたアートワーク(主にピースマークやサイケデリックアート)が数多く存在していたという。自由・奔放・無政府主義的な考え方はキュートなワーゲンバスにはピッタリのアイデンティティだったのかも。

一部のシャコタン好きを除いて日の目を浴びることのなかったサーファーについにカスタム版が到来。ヒッピーとドラッグがテーマのアップデートというだけあって、まさにうってつけの存在だ。車高の低さも健在でカスタムベースにも申し分ない。チンタラした走りもそれはそれで雰囲気があってよい。なおベニーズアプグレではなく通常購入で入手する。見た目が普通のサーファーと全く変わらないあたりもなんかいい。

 

 

オーバーフロッド エンティティ MT

モデル:ケーニグセグ・ジェスコ

ケーニグセグの名を世界に知らしめた名車、アゲーラの後継として開発されたのがジェスコだ。最高速記録や0-300km加速などギネス世界記録を次々に打ち立てたアゲーラのDNAを受け継ぐ最新のスーパーカー。125台限定で生産され、日本人ではZOZOTOWN創業者・前澤友作氏がオーダーしているとのこと。

世界中のセレブをトリコにするケーニグセグだが、とにかく作るクルマのスペックが桁外れ。アゲーラRでは6つのギネス記録を樹立。後継のジェスコにいたっては、エンジンの最高出力1300馬力・最高速480kmとオバケのようなスペックに。それだけでなく環境配慮も実はしていて、ジェスコはガソリンもしくはエタノール混合ガソリンどちらでも走行可能。スゴすぎて何が何だか・・・。

エンティティシリーズはXF(元祖)→XXRに次いで3代目。どちらもケーニグセグ・アゲーラ及びCCXをモデルとしていたが、エンティティMTはそれらの後継に位置づけられる。水準以上の高性能ぶりで“ありきたりなスーパーカー感”は否めないが、半回転して開くラプタードアはやっぱりステキ。

 

 

ジルコニウム ジャーニー2

モデル:ヴォーグ 32'・ビラ グランデ

ジャーニー2のモデルはキャンピングカー、ビラ・グランデの1975年モデルだと思われる。アウトドア文化が発展しているアメリカではキャンピングカーは大人気。特に古い型式のものはヒッピーたちを中心に人気を集め、"クルマホームレス"たちに多く愛用されたという。ドラッグがテーマの今回のアップデートにはもってこいの存在といえる。

このビラ・グランデというキャンピングカーは結構有名な存在らしく、映画のカーチェイスシーンにも出演していたことから独自の人気を博しているようだ。本場のキャンピングカーはプレハブ小屋くらいデカかったりするのでなかなかの重戦車感。広大な大地をキャンピングカーで駆け巡り生活するのは何だか楽しそうだ。

ペガサス車両としてしか所有できなかったジャーニーがついに個人車両化。オンボロボディが修繕され新車のようなキャンピングカーになった。これで旅(journey)もしやすくなることだろう。個人的に個人車両化をめちゃくちゃ期待していたので超嬉しい。カスタム項目がボディペイントのみなのがちょっと寂しいところ。

 

 

デグラス チューリップ M-100

モデル:シボレー・ジェベル マリブ M80

シボレー・マリブはシェベルの上級グレードにのみ与えられた名前。シボレー・シェベルは1960~70年代にかけて大ヒットを記録したシボレーの販売戦略車両。手ごろな価格とコンパクトなボディながらハイパワーエンジン搭載車として人気が爆発。スポーツ志向のアメ車として一大ムーブメントを巻き起こした。その中でもよりハイパワーなエンジンや豪華な装備をおごったモデルは『シェベル・マリブ』として販売されていた。

オールドマッスルカーが今日まで熱烈なファンを持つようになったきっかけにシェベルの存在は大きい。フォード・マスタングと並び、お手頃価格のスポーツカーは若者を中心に大人気になり、マリブはその中でも特別な存在として羨望のまなざしで見られていた。もちろん今日もマッスルカーを代表する1台として不変の人気を誇示している。

希少な4ドアマッスルカーとして登場したチューリップだったが、後継のM-100では2ドアモデルに。もっとも高級志向が強いマリブがモデルなのだから当然なのだが。角ばったボディと2トーンカラーが古き良き時代を感じさせてくれる。画像のようにゴテゴテさせずクリーンなカスタムのほうがキャラクターにあってるかも。

 

 

デクラス タホマクーペ

モデル:シボレー・モンテカルロ(3代目)

タホマクーペのモデルはシボレー・モンテカルロの第3世代、その中でも1979年式だと思われる。名前が示すとおり世界一のセレブリゾート、モナコ・モンテカルロを想起させるラグジュアリークーペとして誕生。シェベルやマスタングとは異なり、高級志向で作られたため、直線と曲線が混ざったエレガントなデザインが特徴。第4世代まではボンエットとトランクが湾曲した独自のデザインをしており、懐かしさと高級感を感じさせる古き良きアメリカンクーペとして親しまれている。

プラットフォーム(基本構造)はシェベルやビュイック・リーガルと共通ではあるものの、デザインや方向性はまるで正反対。ドラッグレースやストックカーレースなどスポーツシーンに多く使われていたシェベル。対してモンテカルロはローライダーなどの“魅せる”カスタムベースとして使われることが多かった。ルーツは同じでもアフターマーケットにおける着地点が異なる点は大変興味深い。当時のゼネラルモーターズの販売戦略がうまくハマった代物だろう。

そんなルーツを知ってか知らずか、タホマクーペは純正シャコタンが可能。サスペンション全下げでリムを飲み込むほど車高が下がる。デザインも絶妙でロースタンスのキマり具合が最高にGOOD。マッスルカーではあるがこれはローライダーとして楽しみたい1台。12/19~3日間だけ無料で入手できるという特別措置で登場。デフォルトだと見栄えのしないただのマッスルカーだが、カスタム後(というかシャコタン後)のスタイルがカッコよすぎるのでぜひ入手しておきたい。

 

 

ウェスタン パワーサージ

モデル:ハーレーダビッドソン・ライブワイヤー

ライブワイヤーは2019年から発売されている電動バイク。ハーレーでは初となる市販電動バイクとし登場した。2021年からは日本でもデリバリーが開始されている。ヨーロッパを中心に脱ガソリンエンジンの流れに準じるように、老舗バイクメーカーが新境地にチャレンジした意欲作だ。0-100kmを3秒で達成するハイパワーと、航続距離235km(街乗り時)を達成できる容量を備える。ハーレーでは珍しいスポーツタイプのバイクだが、近代的ながらもハーレーらしさを忘れていないデザインは納得感の塊でしかない。

日本でもたまに見かけるようになった電動バイク。ただ軽作業用だったりデザインがちょっとアレだったりして、自動車に比べるといまひとつ軌道に乗っていなかった。嗜好性の高いバイクにおいてやはり大事なのはデザイン、速さ、カッコよさといった点だろう。実用性という面だけでは語れないバイクだからこそ「欲しい!」と思うようなパッケージでなければならない。その点ではライブワイヤーのようなバイクは新世代バイクの礎にとなるポテンシャルを秘めているといえるだろう。

パワーサージはGTAシリーズ通じて初の電動バイク。そもそもベースにするような車両が現実に存在していなかったのだから当然なのだが。100%電気なので電気自動車同様、ほぼ無音。ヒューンという電気車特有の風を切る音と静止状態からの猛加速が特徴。バイクなのに無音という今まで味わったことのない不思議な体験が可能だ。

 

 

過去のアップデートレビュー記事はコチラ

日本車多数!ロスサントスチューナー全新車両をカスタム&紹介解説

 

【GTAオンライン】2022年犯罪事業アップデート追加車両解説&カスタムフォトグラフ

 

【GTAオンライン】契約アップデート全追加車両カスタム&まとめ【モデル解説】

 

-car, GTA5
-, , , ,

Copyright© gta-shakotan.com , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.